ウィッグのつけ方HOW TO WEAR

初めての方にも分かりやすく、動画とイラストでウィッグのタイプ別につけ方をご紹介します。つける前のポイントやはずし方もご確認いただけます。

フルウィッグのつけ方

自髪のまとめ方

※再生時の音量にご注意ください

フルウィッグの
つけ方・
はずし方

※再生時の音量にご注意ください

つける前に

フルウィッグをつける前に、全体に軽くブラシを入れて、スタイルを整えておきます。ロング・セミロングの方、ショートの方で毛量の多い方は、「AD&F ウィッグ アンダーネット」で自髪をまとめてください。グレイヘアの方で、ご自分の髪が白く透けるのが気になる場合も、ネットのご使用をおすすめします。

※静電気のおきにくいウィッグ専用「AD&F クッションカネブラシ」または「AD&F スケルトンブラシ」をおすすめします。

つけ方

ショートウィッグの場合

前後を確認する

えり足部分(後方)を両手 で持ちます。このとき、ストッパーはすべて開いておきます。

前からあてて後ろをつける

ウィッグの前の部分を額にかけるように、一度深めにあててから、後ろにずらすようにつけます。

ロングウィッグの場合

頭の後ろに持っていく

左右の耳にあたる硬い部分を持ち、一度頭の後ろに持っていきます。

前からあてて後ろをつける

ウィッグの前の部分を額にかけるように、一度深めにあててから、後ろにずらすようにつけます。

ショート・ロング共通

正しいつけ位置を確認する

一般的には生え際から1~2cm後ろ(ご自分の前髪を使用する場合は約2cm後ろ)が目安です。

両サイド

左右の位置が同じか、両耳のワイヤー部(硬い部分)が外側にそっていないかを確認します。

耳回り

ウィッグのベースが耳にかぶっていないかを確認します。

えり足

引っ張りすぎず、軽く沿わせる程度に。左右対称になっているかを確認します。

ハーフウィッグのつけ方

つける前に

ご自分の髪と自然になじむように、ハーフウィッグもブラッシングしておきます。ハーフウィッグをつける前に、あらかじめご自分の髪もブラッシングすると、よりきれいになじみます。

※静電気のおきにくいウィッグ専用「AD&F クッションカネブラシ」または「AD&F スケルトンブラシ」をおすすめします。

つけ方

準備する

ウィッグの前後を確認し、左右のえり足部分(後方)に近いところを両手で持ちます。このとき、ストッパーはすべて開いておきます。

つける位置を決める

生え際から1cm後ろを目安につけます。
左右のストッパー位置が対称か確かめます。

ストッパーを留める

前あるいは両脇からストッパーをひとつずつ留め、最後に後ろのストッパーを留めます。

※このとき、キャップを下に強く引きすぎないよう注意しましょう。

なじませる

専用ブラシで、ウィッグと自髪をなじませるようにブラッシングします。このとき、なじませる部分の毛先だけをとかすようにします。

※ウィッグの前髪を下げる場合は、長さにより印象がかなり変わりますので、つける位置に注意しましょう。

トップピース®のつけ方

トップピース®のつけ方・はずし方

※再生時の音量にご注意ください

つける前に

ご自分の髪と自然になじむように、「トップピース」もブラッシングしておきます。「トップピース」をつける前に、あらかじめご自分の髪もブラッシングすると、よりきれいになじみます。

※静電気のおきにくいウィッグ専用「AD&F クッションカネブラシ」または「AD&F スケルトンブラシ」をおすすめします。

つけ方

前後を確認する

つける前に「トップピース」の前後を確認します。「トップピース」は織ネームがついている部分が後方になります。このとき、ストッパーはすべて開いておきます。

つける位置を決める

ボリュームを出したい位置を決めます。髪の生え際から1~3cm後ろがつける位置の目安です。ストッパーのクシ部を頭に対して直角に立て、そのまま地肌に沿って優しく寝かせるように自髪に差し込みます。

前・両脇を留める

「トップピース」を手で軽く押さえながら、前あるいは両脇からストッパーをひとつずつ留めます。

※左右を同時に留めると、中央部が浮き上がることがありますのでご注意ください。

最後に後ろを留める

頭の丸みに沿わせながら、最後に後ろのストッパーを留めます。