https://www.fontaine.jp/wp-content/themes/fontaine-theme

https://www.fontaine.jp/wp-content/themes/fontaine-theme

https://www.fontaine.jp

閉じる
  • 初めての方へ
    For beginners
  • フォンテーヌについて
    About FONTAINE
  • ウィッグのタイプ ▼
    Type of wig
  • よくあるご質問
    FAQ
  • 無料試着体験
    Free fitting
  • アフターケア ▼
    After care
  • お問い合わせ
    Contact

初めての方でもこれで安心!
ウィッグのタイプごとにわかりやすくご紹介します。

フルウィッグ

自髪のまとめ方

フルウィッグのつけ方・はずし方

※再生ボタンをクリックすると音が出ます。音量にご注意ください。

❶ つける前に

❶ つける前に

フルウィッグをつける前に、全体に軽くブラシを入れて、スタイルを
整えておきます。
ロング・セミロングの方、ショートの方でも白髪や毛量の多い場合は、
「AD&F WIGアンダーネット」で自髪をまとめてください。

※静電気のおきにくいウィッグ専用「AD&F クッションカネブラシ」または「AD&F スケルトン
ブラシ」をおすすめします。

❷ つけ方

❷ つけ方

ショートウィッグの場合

1.前後を確認するえり足部分(後方)を両手 で持ちます。
このとき、ワンタッチストッパーはすべて開いておきます。
2.前からあてて
 後ろをつける
ウィッグの前の部分を額にかけるように一度深めにあててから、後ろにずらすようにつけます。

ロングウィッグの場合

1.頭の後ろに
 持っていく
左右の耳にあたる硬い部分を持ち、一度頭の後ろに持っていきます。
2.前からあてて
 後ろをつける
ウィッグの前の部分を額にかけるように一度深めにあててから、後ろにずらすようにつけます。

ショート・ロング共通

3.正しい付け位置を確認する
一般的には生え際から1~2cm後ろ(ご自分の前髪を使用する場合は約2cm後ろ)が目安です。
両サイド左右の位置が同じか、両耳のワイヤー部(硬い部分)が外側にそっていないかを確認します。
耳回りウィッグのベースが耳にかぶっていないかを確認します。えり足引っ張りすぎず、軽く沿わせる程度に。
左右対称になっているかを確認します。
両サイド左右の位置が同じか、両耳のワイヤー部(硬い部分)が外側にそっていないかを確認します。

ハーフウィッグ


❶ つける前に

❶ つける前に

ご自分の髪と自然になじむように、ハーフウィッグもブラッシング
しておきます。
※静電気のおきにくいウィッグ専用「AD&Fクッションカネブラシ」または「AD&Fスケルトン
ブラシ」をおすすめします。

❷ つけ方

❷ つけ方

1. 準備するウィッグの前後を確認し、左右のえり足部分(後方)に近いところを両手で持ちます。
このとき、ワンタッチストッパーはすべて開いておきます。
2. つける位置を決める生え際から1cm後ろを目安につけます。
左右のストッパー位置が対称か確かめます。
3. ストッパーを留める前あるいは両脇からストッパーをひとつずつ留め、
最後に後ろのストッパーを留めます。

※このとき、キャップを下に強く引きすぎないよう注意しましょう。
4. なじませる専用ブラシで、ウィッグと自髪をなじませるようにブラッシングします。このとき、なじませる部分の毛先だけをとかすようにします。

※ウィッグの前髪を下げる場合は、長さにより印象がかなり変わりますので、つける位置に
注意しましょう。

トップピース

トップピースのつけ方・はずし方

※再生ボタンをクリックすると音が出ます。
音量にご注意ください。

※再生ボタンをクリックすると音が出ます。音量にご注意ください。

❶ つける前に

❶ つける前に

ご自分の髪と自然になじむように、トップピース
もブラッシング
しておきます。
※静電気のおきにくいウィッグ専用「AD&Fクッションカネブラシ」または「AD&Fスケルトン
ブラシ」をおすすめします。

❷ つけ方

1. 前後を確認するつける前にトップピース
の前後を確認します。トップピース
は織ネームがついている部分が
後方になります。このとき、ワンタッチストッパーはすべて開いておきます。
2. つける位置を決めるボリュームを出したい位置を決めます。髪の生え際から1~3cm後ろがつける位置の目安です。
ストッパーのクシ部を頭に対して直角に立て、そのまま地肌に沿って優しく寝かせるように自髪に差し込みます。
3. 前・両脇を留めるトップピース
を手で軽く押さえながら、前あるいは両脇からストッパーをひとつずつ留めます。

※左右を同時に留めると中央部が浮き上がることがありますのでご注意ください。
4. 最後に後ろを留める頭の丸みに沿わせながら最後に後ろのストッパーを留めます。

どんなことでも、
私たち専門スタッフが
丁寧にお答えします。

つけ方に困ったら、いつでもお気軽に店舗へご相談ください。
ウィッグの専門スタッフが、分かりやすくご説明します。

ページトップへ戻る