• 美容室専用商品のご紹介
  • ウィッグのつけ方・はずし方
  • お手入れ動画
  • ディプロマ進呈美容室
  • よくあるご質問

トップピース・ウィッグのつけ方・はずし方

ウィッグやトップピースのつけ方・はずし方についてご紹介します。
分かりにくい点はウィッグを購入した美容室にお気軽にご相談ください。

  • トップピースのつけ方・はずし方
  • ウィッグのつけ方・はずし方

トップピースの上手なつけ方・はずし方

着用の基本をマスターすることで、トップピースをよりスムーズに取り扱えるようになります。

トップピースのつけ方

※再生ボタンをクリックすると音が出ます。音量にご注意ください。

トップピースのつけ方

根元からブラッシングし、形を整えます。

根元からブラッシングし、形を整えます。

両手でトップピースを持ち、つけます。

両手でトップピースを持ち、つけます。

位置を確認したら留め、ブラシ等で整えます。

位置を確認したら留め、ブラシ等で整えます。

より詳しいつけ方はこちら

トップピースのはずし方

後方、前方の順にストッパーを開けます。

後方、前方の順にストッパーを開けます。

前方のストッパーを折り返しながら前へ 持っていき、その後ゆっくり後ろにずらします。

前方のストッパーを折り返しながら前へ 持っていき、その後ゆっくり後ろにずらします。

より詳しいつけ方はこちら

トップピースのつけ方 (詳細)

1 準備をします

トップピースを取り出し、つぶれている毛が立ち上がるように、カネブラシで根元からしっかりとブラッシングします。

トップピースを取り出し、つぶれている毛が立ち上がるように、カネブラシで根元からしっかりとブラッシングします。

つける前にトップピースの前後を確認。「織ネーム」がついている部分が後方になります。 ※真後ろについているものと、斜め後方についているものがあります。

つける前にトップピースの前後を確認。「織ネーム」がついている部分が後方になります。 ※真後ろについているものと、斜め後方についているものがあります。

トップピースのストッパーを、すべて開きます。

トップピースのストッパーを、すべて開きます。

2 つけます

つける位置は、生え際や分け目を確認しながら決めましょう。生え際から1~3cm後ろが、つける位置の目安です。

つける位置は、生え際や分け目を確認しながら決めましょう。生え際から1~3cm後ろが、つける位置の目安です。

ストッパーのクシ部を頭に対して直角に立てます。そのまま地肌に沿って優しく寝かせるように自髪に差し込みます。

ストッパーのクシ部を頭に対して直角に立てます。そのまま地肌に沿って優しく寝かせるように自髪に差し込みます。

3 留めます

トップピースがずれないように片手で軽く押さえながら、前、あるいは両脇からストッパーをひとつずつ留めます。

トップピースがずれないように片手で軽く押さえながら、前、あるいは両脇からストッパーをひとつずつ留めます。

左右を同時に留めると、中央部が浮き上がってしまうことがあるので注意。

前方のストッパーを留めたら、トップピースをしっかりと頭の丸みに沿わせます。後方のストッパーの位置を確認し、留めます。

前方のストッパーを留めたら、トップピースをしっかりと頭の丸みに沿わせます。後方のストッパーの位置を確認し、留めます。

4 整えます

すべてのストッパーを留め終わったら、トップピースの中央を片手で軽く押さえながら、トップピースの毛先と自髪の境目をカネブラシでなじませます。

すべてのストッパーを留め終わったら、トップピースの中央を片手で軽く押さえながら、トップピースの毛先と自髪の境目をカネブラシでなじませます。

しっかりとなじませたら、カネブラシや指先でボリュームを出して、シルエットを整えます。

しっかりとなじませたら、カネブラシや指先でボリュームを出して、シルエットを整えます。

※商品は参考見本です

トップピースのはずし方(詳細)

4 整えます

ストッパーを両方の人差し指と親指で持ち、パチンと開きます。ストッパーはまず後方、そして前方の順番で開けていきます。

ストッパーを両方の人差し指と親指で持ち、パチンと開きます。ストッパーはまず後方、そして前方の順番で開けていきます。

すべてのストッパーを開いたら、前方のストッパー部分を折り返しながら、自髪を引っ張らないように前方へ持っていきます。その後、ゆっくりと後ろにずらします。

すべてのストッパーを開いたら、前方のストッパー部分を折り返しながら、自髪を引っ張らないように前方へ持っていきます。その後、ゆっくりと後ろにずらします。

ご使用後はブラッシングをし、スタイルを整えてから保管してください。

毎日ご着用の場合は、週1~2回のシャンプー・トリートメントをおすすめします。

ページトップへ戻る

つけ方・お手入れ方法

ウィッグのつけ方

根元からブラッシングし、形を整えます。

根元からブラッシングし、形を整えます。

両手でウィッグを持ち、つけます。

両手でウィッグを持ち、つけます。

位置を確認したら留め、ブラシ等で整えます。

位置を確認したら留め、ブラシ等で整えます。

より詳しいつけ方はこちら より詳しいつけ方はこちら

ウィッグのはずし方

ピンやストッパーで留めていれば外します。

ピンやストッパーで留めていれば外します。

えり足部分に親指を入れ、上に引き上げます。

えり足部分に親指を入れ、上に引き上げます。

ストッパーを開き、めくるように外します。

ストッパーを開き、めくるように外します。

より詳しいつけ方はこちら

ウィッグのつけ方 (詳細)

1 準備をします

ウィッグを持ち、根元からブラッシングしてある程度の形を作ります。※ブラシを入れずにつけると、不自然に見えるので注意。

ウィッグを持ち、根元からブラッシングしてある程度の形を作ります。

箱から出してブラシを入れずにつけると、不自然に見えるので注意。

ワンタッチストッパーをすべて開いておきます。

ストッパーをすべて開いておきます。

つける前にウィッグの前後を確認。ネットの内側の「織ネーム」のついている部分が、ウィッグの後方(えり足部分)です。

つける前にウィッグの前後を確認。ネットの内側の「織ネーム」のついている部分が、ウィッグの後方(えり足部分)です。

2 ショートウィッグの場合 3 ロングウィッグの場合

ウィッグの前の部分を両手で持ちます。

ウィッグの前の部分を両手で持ちます。

ウィッグの前の部分を額にかけるように、深めにあてます。このとき、前髪部分を内側に折り込まないように。

ウィッグの前の部分を額にかけるように、深めにあてます。このとき、前髪部分が内側に折り込まれないように。

左右の耳にあたる硬い部分を持ち、頭の後ろに持っていきます。

左右の耳にあたる硬い部分を持ち、一度頭の後ろに持っていきます。

前の部分を額にかけるように深めにあてます。

前の部分を額にかけるように深めにあてます。

3 かぶせます

ウィッグの前髪部分を持ち上げて、ボリュームを少し軽くした状態でかぶせます。

ウィッグの前髪部分を持ち上げて、ボリュームを少し軽くした状態でかぶせます。

えり足を持ち、後ろにずらすように引っ張りながらつけます。

えり足を持ち、後ろにずらすように引っ張りながらつけます。

原型はボリュームがあるので、つけた際は指で軽く押さえてボリュームを抑えましょう。手のひら全体で押さえ込むと、ぺたっと不自然になります。

ウィッグキャップが大きい場合、ネープ部分をダッカールで留めて仮押さえをすると、サイズ調整後のフィット感をイメージしやすくなります。

ウィッグキャップが大きい場合、ネープ部分をダッカールで留めて仮押さえをすると、サイズ調整後のフィット感をイメージしやすくなります。

4 正しい位置の確認をします

生え際から1~2cm後ろが目安です。

生え際から1~2cm後ろが目安です。

ベースが耳にかぶっていないか確認。

ベースが耳にかぶっていないか確認。

左右の位置が同じか、両耳のワイヤー部分(硬い部分)がフェイスラインから浮いていないか。

左右の位置が同じか、両耳のワイヤー部分(硬い部分)がフェイスラインから浮いていないか。

引っ張りすぎず、軽く沿わせる程度に。えり足のラインが曲がっていないか確認。

引っ張りすぎず、軽く沿わせる程度に。えり足のラインが曲がっていないか確認。

5 留めます

位置が良ければ両耳上に各1本、えり足に1~2本必要に応じてピンを留め、ウィッグを安定させます。ストッパー付のウィッグは、前・後ろの順でストッパーを留めて、必要に応じてピンを留めます。

6 整えます

ウィッグを軽く手で押さえながら、ブラシや手グシでスタイリング。ブラシの歯先を使って回転させながらスタイリングすると、ふんわりとした仕上がりになります。

ウィッグのはずし方(詳細)

ストッパー付のものは、前の方からはずすと頭皮や髪に負担がかかるので、ご注意ください。

ウィッグをピンで固定している場合は、ピンをはずします。後ろにストッパーがついているウィッグの場合は、まず後ろのストッパーをはずします。

ウィッグをピンで固定している場合は、ピンをはずします。後ろにストッパーがついているウィッグの場合は、まず後ろのストッパーをはずします。

ウィッグのえり足部分に親指を入れて上に引き上げ、後ろを浮かせます。

ウィッグのえり足部分に親指を入れて上に引き上げ、後ろを浮かせます。

前方にストッパーのついているウィッグの場合は、前の部分に親指を入れます。そのまま親指でストッパーを支えながら、人差し指で上から押して、前方のストッパーを開きます。ストッパーのクシ部を自髪から取り、めくるようにウィッグをはずします。※ご使用後はブラッシングをし、スタイルを整えてから保管してください。

前方にストッパーのついているウィッグの場合は、前の部分に親指を入れます。そのまま親指でストッパーを支えながら、人差し指で上から押して、前方のストッパーを開きます。ストッパーのクシ部を自髪から取り、めくるようにウィッグをはずします。

ご使用後はブラッシングをし、スタイルを整えてから保管してください。

自髪のまとめ方

ネットを使う場合

ストッパー付のものは、前の方からはずすと頭皮や髪に負担がかかるので、ご注意ください。

ネットはゴムの太い方を下に、縫い目のある方を後ろにして首元まで通し、えり足の髪を上に出します。ヘアバンドをつける要領で、ネットを生え際まで持ち上げます。

ネットはゴムの太い方を下に、縫い目のある方を後ろにして首元まで通し、えり足の髪を上に出します。ヘアバンドをつける要領で、ネットを生え際まで持ち上げます。

ネットを後ろに引っ張りすぎないように注意し、要所要所をピンで留めます。ネットを軽く伸ばして自髪と一緒に折りたたむようにまとめ、ピンで留めます。

ネットを後ろに引っ張りすぎないように注意し、要所要所をピンで留めます。ネットを軽く伸ばして自髪と一緒に折りたたむようにまとめ、ピンで留めます。

凹凸のないように整えて、ネットから耳を出し、生え際は1~2cm出るようにネットをずらします。※ピン先は髪の中におさめましょう。

凹凸のないように整えて、ネットから耳を出し、生え際は1~2cm出るようにネットをずらします。

ピン先は髪の中におさめましょう。

トップやネープに固まりができないように、平らにまとめます。

トップやネープに固まり ができないように、平らにまとめます。

ネットを使わない場合

ネットの圧迫感が気になる方は、市販のピンでまとめます。

ネットを使わない場合

髪全体を後方へ流すようにとかし、横の髪や前髪をピンで留めます(前髪を使うときは、留めずに下ろしておきます)。

サイドは耳の後ろにまとめ、ピンで留めましょう。

前・横の髪は全体に後方へ引き、うち合わせてまとめ、凹凸のないように丸みを出して、ピンで留めます。

つむじを中心にまとめ、ピンで留めましょう。

ページトップへ戻る