• 美容室専用商品のご紹介
  • ウィッグのつけ方・はずし方
  • お手入れ動画
  • ディプロマ進呈美容室
  • よくあるご質問

よくあるご質問

お客様からよくお問い合わせいただく内容をおまとめしてご紹介しております。

  • フォンテーヌについてのご質問
  • 商品についてのご質問
  • お手入れについてのご質問
  • 技術面・アフターケアについてのご質問

フォンテーヌについてのご質問

美容室のフォンテーヌと百貨店のフォンテーヌは、どこが違うんですか?

いずれもレディメイド(既製品)を中心とした幅広い商品展開である点は同じですが、百貨店の場合は、カットアレンジされたデザイン性の高いウィッグを多くご提案している点が特長です。素材的には人毛と合成繊維がミックスされた商品で、価格帯はトップピースで7万円~13万円台、フルウィッグで15万円~25万円台が中心となっています。
美容室においては、美容の知識と経験を生かし、お客様の身近なヘアアドバイザーとして信頼関係に基づいたご提案を行っています。ご自身でもつけやすく、スタイルが決まりやすい商品を厳選し、素材は形状保持に優れた合成繊維を主としたラインナップで、3万~7万円台のリーズナブルな価格帯が中心となっています。

商品についてわからなかったら、近くのフォンテーヌに持って行けばいいですか?

直営店や百貨店内のフォンテーヌ店舗と美容室では、ご紹介している商品が異なっています。ウィッグをお求めいただいた美容室へ、まずはご相談ください。

百貨店のフォンテーヌで、ウィッグを試着できますか?

百貨店と美容室では、ご紹介の商品が一部を除き異なっています。美容室専用商品の百貨店でのご試着、及び、百貨店専用商品の美容室へのお取り寄せは致しかねますので、ご了承ください。

ショールームはありますか?

申し訳ありませんが、現在、美容室専用商品のショールームはございません。商品詳細に関しましてはデジタルカタログをご覧ください。商品を実際にご覧になりたい場合は、お近くの美容室までお問い合わせください。美容室より、代理店を通して商品のお取り寄せが可能です。

男性用カタログはありませんか?

レディメイド(既製品)の男性用はございません。但しスタイルによっては、男性のお客様にご購入いただいているケースはございます。また、オーダーメイドはお取り扱いいたしておりますので、下記オーダーメイド専用フリーダイヤルへ、お気軽にお問い合わせください。

オーダーメイド専用フリーダイヤル

0120-10-5832<受付:月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9:30~18:00>

商品についてのご質問

ウィッグはどんな素材でできているのですか?

現在、美容室でお取り扱いをしているのは、ウィッグ毛に合成繊維を使用したものと、合成繊維と人毛のミックスヘアのもの、人毛100%のものの3タイプです。合成繊維はスタイリングしやすくお手入れも簡単です。また、ミックスヘアは人毛ならではの自然な質感を持ちつつ、スタイリングもしやすいという特長があります。

ウィッグにはどんな種類がありますか?

頭全体にすっぽりとかぶる「フルウィッグ」、耳回りとえり足部分がない「ハーフウィッグ」、フロントやトップの部分的なボリュームアップ用の「トップピース」などの種類があります。詳しくは下記より美容室専用商品のご紹介をご覧ください。

フルウィッグはフリーサイズですか?

基本的にはフリーサイズですが、美容室専用ウィッグには、アジャスターベルトでよりフィット感が高められるものを多めに揃えています。また、ウィッグの一部にはSサイズのご用意がございます。

トップピースはどこが前ですか?

フォンテーヌのカタログには、全トップピースのベースネットのイラストが掲載されています。そのイラストの上部が前になります。カタログがお手元にない場合は、デジタルカタログの「トップピース」をご参照ください。

トップピースの選び方のポイントは?

トップピース選びで重要なのは、ご自分の髪に合ったスタイルとサイズを正しく選ぶことです。自分の髪がストレートなのかカールがあるのか、そして必要な範囲はどこなのかを確かめます。その後、髪の色に自然になじむ商品のカラーを選びます。サイズは、必要な部分よりひと回り大きくカバーできるものを選ぶのがコツです。また、ベースの形態や素材で選ぶこともできます。 どちらにしても、まずはご試着いただくことをおすすめします。気になる商品がございましたら、ぜひお近くの美容室へお問い合わせください。美容室で商品のお取り寄せとご試着ができます。

医療用ウィッグは、普通のウィッグとどう違うんですか?

化学療法等による脱毛時の使用を想定したウィッグを、医療用ウィッグと呼んでいます。一般的には、頭皮への刺激の少ないキャップ素材や形態を採用したものが多いようです。フォンテーヌの美容室専用の医療用ウィッグ<BE-Rafra/ビィラフラ>も、ウィッグ本体に「体感温度制御機能」「抗菌防臭機能」「銀糸配合」など快適性を高める素材を使用していますが、最大の特長は、取りはずし・交換が簡単な医療用アンダーキャップをあらかじめセットしている点です。治療中、脱毛時のウィッグのつけ心地と安心感に配慮しました。

<ビィラフラ/医療用ウィッグ>はM.Wigマークを取得しました。詳細はこちら

アンダーキャップは、どれを選べばいいですか?

ロングヘアをまとめたい場合は「AD&F WIGアンダーネット」(品番:4529)をご使用ください。治療中の方で、アンダーキャップが必要な場合は下記をおすすめします。
● シリコン付アンダーキャップ S:頭周:約51~54cm(品番:4536)
● シリコン付アンダーキャップ M:頭周:約55~58cm(品番:4535)
● アンダーキャップ S:頭周:約52cm(品番:4518)
● アンダーキャップ M:頭周:約54cm(品番:4517)

自分の髪がない場合に、ウィッグをつけるにはどうしたらいいですか?

以下のような工夫をすることで、ウィッグを快適にご使用いただけます。

  • (1)下地ネット「アンダーキャップ」を使用
    脱毛・全脱毛時期におすすめの、吸汗・速乾性に優れた「シリコン付アンダーキャップ(品番:4535・4536)」「アンダーキャップ(品番:4517・4518)」をご用意しております。
  • (2)裏地ネット「AD&F WIGコットンキャップ(品番:4532・4533)」を使用
    ウィッグのネットから地肌が透けて見えてしまう場合や、ネットの肌ざわりが気になる場合に、ウィッグの内側のネット部分に、綿100%素材で肌ざわりが優しく吸汗性に優れた裏地を縫いつけることができます。
  • (3)ハンカチやガーゼを挟む
    ナイロンなどの素材がお肌に合わない方の場合、黒っぽい綿製のハンカチやガーゼの布をウィッグとの間に1枚挟むという簡単な方法です。

ムレはありませんか?

ウィッグの中でも特に手植えのタイプは通気性にすぐれ、しかも軽量で、毎日のおしゃれにも快適にお使いいただけます。また商品の中には「体感温度制御機能※」のあるネットを使ったタイプもあります。

※一般的に四季を通じて快適とされる体感温度の25℃付近で、ウィッグが皮膚からの熱を発散する働きをする成分をネットに付着させています。

雨や湿気の多いところでも大丈夫ですか?

突然の雨でやむを得ず濡らしてしまったり、湿気の多いところでつけていても、ウェーブが伸びてしまうことはありませんので、ご安心ください。指先で軽く整え、自然乾燥をしていただければ大丈夫です。

ウィッグはどのくらい持ちますか?

「耐久年数」というものはなく、着用の頻度やお取り扱いによって異なってきます。お取り扱い方法を守り、<リセットアフターシステム>で定期的にメンテナンスをしていただいたり、2つのウィッグを交互にご使用いただく等が長持ちさせるコツです。

保証書が付いていないのですが・・・。保証はありますか?

レディメイド・ウィッグ(既製品)に関しては、保証はございません。 オーダーメイド・ウィッグについては、ご購入後1年間の保証期間がございます。詳しくは下記オーダーメイド専用フリーダイヤルへお問い合わせください。

オーダーメイド専用フリーダイヤル

0120-10-5832<受付:月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9:30~18:00>

人毛でウィッグを作ってもらえますか?

既製品(レディメイド)の毛材変更はできません。人毛100%の商品を作製ご希望の場合は、オーダーメイドでご相談を承ります。また、ご自身の頭髪など人毛素材のお持ち込みは、お受けしておりません。詳しくは下記オーダーメイド専用フリーダイヤルへお問い合わせください。

オーダーメイド専用フリーダイヤル

0120-10-5832<受付:月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9:30~18:00>

お手入れについてのご質問

ウィッグのお手入れはどうすればいいですか?

専用のシャンプー&トリートメント(品番:4524・4525)を使って、ご自宅で手軽に洗うことができます。合成繊維のものは熱に弱いので、必ず水をご使用ください。季節やご使用の頻度にもよりますが、週1回程度のシャンプーが目安です。尚、合成繊維素材でも、一部お湯で洗える商品もございます。洗い方、乾かし方はウィッグの素材により異なりますので、詳しくは下記をご覧ください。

スタイルをキープするには、どのような方法がありますか?

専用ミスト「AD&Fスタイリングミスト(品番:4527)」をご使用ください。髪にハリや艶を与え、スタイルが長持ちします。スタイリング時にご自分の髪にミストがついても問題ありませんので、安心してご使用いただけます。お手入れ用品は、ウィッグをお求めの美容室にてご購入いただけます。

専用シャンプーを使った方がいいですか?

専用のお手入れ用品は、ウィッグの素材である合成繊維と人毛の品質を維持するために開発されたものです。ウィッグ専用のシャンプー・トリートメント(品番:4524・4525)には、ブラッシング時の摩擦やダメージからウィッグ毛を守り、静電気を防ぎながら快適にご使用いただくための成分を配合しています。市販のシャンプー・トリートメントとは異なりますので、専用お手入れ用品のご使用をおすすめします。
お手入れ用品は、ウィッグをお求めの美容室にてご購入いただけます。

技術面・アフターケアについてのご質問

ストッパーが壊れましたが修理できますか?

ストッパー本体の修理はできませんので、交換で対応させていただきます。料金等はウィッグをお求めの美容室へお問い合わせください。
美容室で取り付けができない場合は、美容室よりお預かりし、弊社にてお取り付けいたします。

カールやウェーブがくずれたら、どうしたらいいですか?

くずれの主な原因は、汚れの付着、濡れた状態でのブラッシング、お湯によるシャンプー等が考えられます。日頃のマメなお手入れでカールやウェーブは長持ちしますが、万一くずれてしまった場合は<リセットアフターシステム>をお試しください。<シャンプーセット>や<静電気による縮れ直し>でお受けいたします。料金等については下記をご覧ください。

ウィッグはカットできますか?

ウィッグのカット技術が必要になりますので、お近くの美容室へお問い合わせください。 美容室より弊社へカットの依頼がある場合は、<リセットアフターシステム/スタイル変更>にてお受けいたします。料金等については下記をご覧ください。

パーマはかけられますか?

合成繊維のウィッグはパーマをかけられません。人毛を使用した商品については可能ですが、商品によりできないスタイルもございます。料金等については下記より<リセットアフターシステム/パーマ>の項をご覧ください。

ウィッグは染められますか?/もっと明るい色になりませんか?

合成繊維のウィッグは染められません。人毛を使用した商品については、同色または暗色にのみ染めることができます。料金等については下記より<リセットアフターシステム/ヘアダイ>の項をご覧ください。

アイロン、ドライヤーは使えますか?

人毛をミックスした一部の商品には使うことができます。但し、ウィッグの専門的な技術・知識が必要となりますので、一般のお客様にはおすすめできません。詳しくカタログ内<サロン技術上のご注意>をご覧ください。

ストレートにできますか?

合成繊維の商品はカールを少し伸ばすことはできても、ストレートにすることはできません。人毛を使用した商品はある程度は可能ですが、カールを前提にした毛量配分をしているようなウィッグは、ストレートにすることでスタイルのバランスがくずれることがあります。

メッシュを入れてもらえますか?

原則としてお受けできません。

お問い合わせ

当サイトでご紹介しているウィッグを試着されたい場合や、美容室でお買い求めいただいたウィッグに関するご質問・ご相談は、お近くの美容室にご相談ください。